化粧下地とファンデーションとの違い

化粧下地とファンデーションと混同してしまう人が時々います。 このファンデーションは、シミやしわなどを隠して、肌の色を全体的に整える役割を持っているメイクの基礎ですが、化粧下地とは全然違います。

化粧下地をすることで、メイクが完成した時の仕上がりに差を付けることができます。 それに、化粧下地をすることにより、ファンデーションを塗る量が減らせて、厚化粧の防止にもなるのです。

また化粧下地は、メイクのノリやツキを良くするだけではなく、化粧品の刺激からも肌を守ってくれる役割があるでしょう。 ファンデーションは、整えてメイクの基礎になり、化粧下地は、メイクを活かす存在で肌を守るために使用されることが多いのです。

ですから、ファンデーションしたから化粧下地はいらないということはないので、両方とも必要な化粧品と言えるのではないのでしょうか。 この両方をうまく使い分けることで、今まで以上にメイクのノリやモチ、ツキが良くなると思います。

Copyright© 2010 化粧下地の基本的な使い方や塗り方ガイド All Rights Reserved.