化粧下地の基本的な塗り方のコツ

化粧下地の塗り方にもコツが必要で、うまく塗らないと良いメイクができなくなるでしょう。 どんな化粧下地の塗り方をすれば良いかというと、まず両手に指先に化粧下地を付け、頬、おでこ、眉の下、鼻、顎といった順番に塗って行きます。 この塗る時に、強く塗り込むのではなく、優しく指の腹で軽く全体へ伸ばすような感じで塗って行きましょう。

塗り終わりにも確認しないといけないことはあります。 先ほどのように、指の腹で肌に触れてみて、吸い付くような感じがあるか確認して、もっちりとした感触ならなじんでいる証拠でもあります。 また逆に塗り過ぎてしまった場合は、ティッシュなどを使って、優しく抑えてあげれば良いでしょう。

このように化粧下地を薄く均等に塗ってあげれば、メイクの崩れも起きにくく、綺麗に仕上がるのではないのでしょうか。 また部位には部位用の化粧下地も存在しますので、そこの場所が気になる方だと併せて使っていくこともいいことかもしれません。

Copyright© 2010 化粧下地の基本的な使い方や塗り方ガイド All Rights Reserved.