化粧下地の基本的な方法と考え方

化粧下地を塗る方法ですが、化粧水や乳液で肌の調子を整えてから、メイクが崩れてしまわないように塗ります。 化粧下地は、多く塗ったり、適当に塗ったりせずに、均等に塗り、薄く伸ばしていくことが重要になってきます。

薄く伸ばしていく訳ですが、この時に、ベタベタしていないか確認するために、肌に指の腹を使って、触れてみて下さい。 そこで、指の腹に吸い付くぐらいでしたら、塗っている量は適量で、この化粧下地の量を多く塗ってしまうと、ファンデーションとのムラが生じてしまうのです。

間違った量の化粧下地を塗ってしまいますと、メイクが崩れないように塗るためのものが、メイク崩れを招いてしまいます。 それ以外にも化粧下地は、見た目や保湿といったものにも気を遣いますが、メイクの基本を重視するなら薄く均等に塗れていれば全然大丈夫ではないでしょうか。

丁寧に化粧下地をするほどメイクの崩れは、起きにくくなり、化粧の出来栄えも良くなります。 そこに色んな種類・形態の化粧下地を使って、工夫をすればさらに良いメイクに仕上がると思いませんか。

Copyright© 2010 化粧下地の基本的な使い方や塗り方ガイド All Rights Reserved.